エアコンをより効果的に!シーリングファンの効果

インテリアとしてのイメージが強いシーリングファンですが、エアコンと併用することで高い節電効果が期待できます。ここではシーリングファンの節電効果と豆知識を紹介しています。

シーリングファンとエアコンの併用で大幅節電

シーリングファンを使用したエアコン節電吹き抜けがある家や天井が高い家に照明設備とともに設置されているシーリングファン。ただのインテリアのひとつと思っている方もいるでしょうが、実はシーリングファンをエアコンと併用することで大幅な節電効果があります。

エアコンの欠点のひとつが室内の温度に差がでてしまうことです。直接エアコンの冷風があたるところはかなり冷え、その他の部分、とくに天井付近の高い位置になればなるほど温度が高くなってしまいます。

一方でシーリングファンの本来の目的は空気を循環させることです。そのためエアコンと併用すると冷風を部屋に循環させてくれるので、部屋全体が均等に冷やされるのです。

シーリングファンの2大節電効果

撹拌効果でエアコンの高速運転期間を短縮

基本的に冷たい空気は下(床付近)に溜まり、温かい空気は上(天井付近)に滞ります。その温度差は約3℃。エアコンは設定温度に達するまで高速運転をし続けますので、その時間が長くなればなるほど消費電力は多くなります。エアコンは天井付近に設置されていますから、たとえ生活空間(床付近)が丁度いい温度になってもエアコン付近は約3℃高く、高速運転が続いてしまうのです。ですがシーリングファンを作動させると撹拌効果により床付近も天井付近も同じ温度になるため、すぐに設定温度に達し高速運転期間を短縮、すなわち節電になります。

空冷効果によりエアコンの温度を3℃上げられる

空冷効果とは、身体の表面の温かい空気を取り除き新しい空気を当てることで冷たく感じるという効果です。扇風機がまさにそれで、空気の温度は変わらないのに風が当たることで若干涼しく感じられるのもそのため。実に体感温度を約3℃下げられるといわれているのです。すなわち、エアコンの設定温度を3℃高くした場合と体感温度は変わりません。エアコンの設定温度を1℃上げただけでエアコンの消費電力が10%削減できるといわれていますから、かなりの節電効果が期待できます。

詳しくはこちらエアコンの比較も見てみる

シーリングファンに関する豆知識

シーリングファンの電気代は極わずか

シーリングファンは電気で作動するため、節電できるといっても余分な電気代がかかるのでは、と思う方もいるでしょう。確かに電気代は余分にかかります。ですが、シーリングファンを1日8時間「強」で運転させた場合の1ヶ月電気代は120円程度。シーリングファンとエアコンの併用による節電効果は家庭用エアコン1台で年間数千円にもなりますので、どちらが節電になるのかは一目瞭然です。

季節によって回転を変えると効果的

シーリングファンはただ回っていれば空気が循環されるのですが、季節によって回転の向きを変えると効果的です。夏場は天井に滞った暖かい空気を下に向かわせるため下向きに、冬場は床付近の冷たい空気を上に巻き上げるよう上向きの回転にするといいでしょう。ただ、その切り替え時期、季節の変わり目で逆回転させる場合にはファンからゴミや埃が落ちてくることもあるので注意しましょう。

シーリングファンがなくても扇風機で代用可能

新築の場合などはその際にシーリングファンを取り付ける方もいるでしょう。ですが、もともと設置されていなければエアコンとの併用もできません。新しく取り付けることもできますが、コストもかかる上に、部屋が狭くて取り付けられないという方もいます。そんな方は扇風機でも代用可能です。ただ扇風機を稼働させるだけでも効果がありますが、できればエアコンの冷風が当たる位置に設置し、冷たい空気を上にいくように上向きで使用すると効果的。

羽根のないシーリングファンもある

シーリングファンの最大の特徴は大きな羽根です。ですが、部屋が狭すぎて設置できなかったり、天井の強度がなく取り付けられない場合もあります。また、狭い部屋だと大きな羽根により圧迫感がでてくることも。最近では羽根のないシーリングファンも開発されており、前述のような悩みも解消されます。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">

インテリアとしてもGOOD。今すぐにでもシーリングファンの設置を!

シーリングファンの節電効果は上記の通りで、家庭、作業場、事務所など使用する規模によっても効果は異なるものの、少なくとも10%以上もの電気代の節約が期待できます。これからシーリングファンを設置するという場合、工事費用も含めると1台あたり2~3万円ほどかかりますが、家庭用エアコン1台でも年間数千円は節電可能ですので、1~2年で元が取れるでしょう。また、シーリングファンは節電効果だけでなく、インテリアとしても効果がありますので、取り付けて失敗したということはまずありません。

ただ、いくらシーリングファンを取り付けても、エアコンが古かったり不具合が出ていれば、それ以上に電気代がかさんでしまうので、エアコンも買い替えたりして対策することも大切でしょう。