要チェック!エアコンの温度設定で電力削減

節電に欠かせないポイントとしてエアコンの温度設定の調節があります。たった1℃温度を上げるだけで大幅な節電効果が期待できるのです。ここではエアコンの温度設定について紹介します。

大幅節電可能!エアコンの温度設定

エアコンの温度設定快適で過ごしやすい室内空間を作り出すため、エアコンの温度調整をすることでしょう。暑い日などは、つい設定温度を下げて涼しくする方も多いのではないでしょうか。実はこのエアコンの温度設定が電気代に大きく関わってくるのです。

当然、冷房時のエアコンの温度設定を低くすればするほど消費電力は大きくなり電気代もかかります。そのため、できるだけエアコンの温度設定を高くすることが節電に繋がるのです。また、それだけでなく屋外と室内の温度差を少なくすることは体調維持にもなります。ちなみに、夏場の推奨設定温度は28℃となっていますので、これを基準にするといいでしょう。

エアコンの温度設定に関する豆知識

エアコンの設定温度を1℃上げれば約10%の節電に

エアコンの温度設定を調整すれば節電になる、とはいうものの、それほど大幅に削減できるわけではないだろう、と思う方もいるでしょう。ですが、エアコンの温度設定をたった1℃上げるだけでエアコンの消費電力を約10%削減することができるのです。一般家庭、工場や事務所などエアコンの使用頻度によっても削減できる電気代は異なりますが、10%となると一般家庭でも年間で数千円、工場なら数万円もの削減になるでしょう。

カーテンを使用して室温を下げよう

いくらエアコンの温度設定を調整しても、室内が暑くなかなかその設定温度に達しなければ、高速運転が続くので消費電力は大きくなります。差し支えないのであれば、室温の上昇を避けるためカーテンなどで室温を下げるといいでしょう。

扇風機やシーリングファンの併用

同じ室内でも位置によって温度は若干違ってきます。通常天井付近は温かい空気が滞るため温度は高くなります。エアコンは天井付近に設置しているため、床付近が設定温度以下になっても、エアコン付近は設定温度に達しない事が多々あり、高速運転する時間が長くなります。そんな時、扇風機やシーリングファンを使用し空気を循環させることで室内温度が均一になります。またそれにより、エアコン付近の温度も低くなりますので設定温度に達しやすくなり、節電になります。

エアコンの温度設定をしても性能によって消費電力は異なる

エアコンの温度設定を調整することで節電になるのは間違いありませんが、それもエアコン本体の性能によっても大きく変わってしまいます。古くなったエアコンやフィルターの目詰まりがあると、どうしても設定温度に達するまでの時間が長くなってしまいます。高速運転する時間が長くなることで消費電力は高くなってしまうのです。極端な話、いつまでたっても室温が設定温度まで達しなければエアコンの温度設定を1℃上げようと、節電にはなりません。いかに高速運転する時間を短縮できるかが最大のポイントになるのです。

エアコンを購入する際、少しでも安くするため10畳用よりも8畳用、というように少しエアコンのサイズを下げるという方もいます。たしかにサイズを下げれば購入費用は節約できますが、その分パワーが劣るため設定温度に達するまでの時間が長くなってしまうのです。あまりにもエアコンのサイズが部屋の広さよりも小さいと、高速運転を続けてもなかなか設定温度まで達しません。となると、消費電力も高くなり購入費用を節約してもそれ以上に電気代がかかってしまうことになるのです。

もし、エアコンを稼働させ、いつまでも高速運転が続くようなら、エアコンの性能が落ちている可能性があるので、買い換えもしくは修理などの対策を検討してみる必要があります。

詳しくはこちらエアコンの比較も見てみる