エアコンの分解洗浄について

隅々までエアコンを綺麗にするには分解洗浄が一番。それによりホコリ臭さ、カビ臭さは解消され電気代も節約になります。その一方でリスクも…。ここではエアコンの分解洗浄について紹介しています。

徹底的に綺麗にするならエアコン分解洗浄がベスト

業務エアコンの分解洗浄業務用エアコンの清掃を一般人がおこなう場合、ほとんどがフィルター清掃まで。こまめに掃除していれば機能も持続でき快適で綺麗な風が室内に送られてくるでしょう。ただ、フィルターはあくまで室内のゴミやホコリをエアコン内部に取り込まないようにする部分です。しかも目がそれほど細かいわけではありませんので、長年使用していればエアコン内部まで汚れてしまいます。ましてや冷房や除湿運転では結露ができ、それによりドレンパンに水がたまり、水とホコリが結びつき汚水になってしまうのです。それがエアコン内部にこびりついてしまいます。

ちょっと覗いてみると、エアコン内部の汚さは一目瞭然。ですが、フィルターを外しただけでは清掃はできません。

そんな時にはエアコンの分解洗浄がオススメ。一つひとつ分解してパーツごとに取り出せば普段手が届かないような隅々まで綺麗に清掃できます。実際、エアコン清掃業者に依頼すれば、分解洗浄し綺麗にしてくれるのですから、それを自分でやればいいだけなのです。

分解洗浄がもっともエアコン内部まで綺麗にできる方法であり、エアコンの効きも良くなる上にカビ臭さも一切なくなることでしょう。

エアコン分解洗浄のポイント

その一帯組み立てできるかがカギ

業者が分解洗浄をおこなっているところを見たことがある方はわかるかもしれませんが、取り外しするのに特別な機器を用いているわけではありません。そのため、DIYが得意な方は比較的簡単に取り外しをしてパーツごとに清掃できるでしょう。ですが、取り外しできても組み立てができなくなった、というケースが多々あるのです。確実に組み立てできるというところまで取り外ししたほうがいいでしょう。

その二帯一人ではやらない

家庭用エアコンとは異なり業務用エアコンはサイズも大きく重量もあります。ましてや天井にあるので、ひとりではとてもできるものではありません。仮に取り外しできても、組み立てはまず無理でしょう。無理にやろうとすれば部品を破損させてしまう恐れがあります。

その三帯完全分解洗浄できない場合は、何度かに一度は専門業者に依頼

エアコン清掃業者並の完全分解洗浄ができる方は別ですが、カバーを外す程度の分解し化できない場合は、まだ汚れがエアコン内部にしっかり残っています。そのため、何度かに一度は本格的に分解洗浄してもらうといいでしょう。

分解洗浄時の注意点

  • コンセントは抜いておこう
  • プラスチック部品は破損に注意
  • 基盤や電気配線には液体をかけない
  • 室外機は分解しない
  • 力任せに外さない

詳しくはこちらその他の清掃方法についても見てみる

まとめ

業務用エアコンの分解洗浄を自分ですれば、コストも削減できますしフィルターのみの掃除よりもエアコンを綺麗にできます。性能もアップし消費電力の削減にもつながります。

分解洗浄はリスクが高いただ、エアコンの分解洗浄では、組み立てができなくなった、ショートしてしまった、部品を破損させてしまった、稼働させたら水漏れや異音がでてきた、冷えなくなった、電源が入らなくなったなどさまざまなトラブルが発生しています。実際にこういったエアコントラブルは業者に依頼してもおこりうることなので、素人がおこなうことでよりそのリスクは高くなるでしょう。

家庭用エアコンであれば、万が一壊れてしまっても比較的安価なので買い換えしても大きな痛手にはならないかもしれません。ですが業務用エアコンだと50万円~130万円もする高価なものです。壊れたら買い換えればいいというわけにはいかないでしょう。買い換えしなくとも修理が必要になればかなりの費用はかかるものです。それでいて徹底的に隅々まで清掃できるとは限りません。

もし、本格的な分解洗浄をして徹底的にクリーニングしたいのであれば最初から業者に依頼したほうが無難でしょう。

費用的にも1台あたり2万円~4万円程度、しかも徹底的にクリーニングすれば、数年に一度でも十分です。リスクを考えたら、無理をしないほうがいいのかもしれません。

詳しくはこちらエアコンの故障原因についても見る