エアコンのスチーム洗浄の効果

大がかりな養生も必要なく、高温殺菌もできるスチーム洗浄。手間もかからず比較的簡単にエアコンの汚れが落とせます。ここではエアコンのスチーム洗浄について紹介します。

スチーム洗浄

エアコンのスチーム洗浄エアコンを綺麗に掃除したい、カビ臭さも取り除きたいという方にオススメの方法がスチームクリーナーを使用したスチーム洗浄があります。

エアコンのしつこい汚れを取り除く方法としては、洗剤を使用したり、高圧洗浄機による清掃があります。確かにこれらの方法は簡単に汚れが落ちますが、水を大量に使用する方法のため、しっかりと養生しなければいけません。それが面倒ですし、一歩間違えると故障にも繋がりかねません。

一方、スチーム洗浄はその名の通り高温のスチームにより汚れを落とす方法のため、油汚れにも強く洗剤なしでも綺麗に清掃できますし、高温により殺菌効果も期待できます。また多少の水滴は出てくるものの、高圧洗浄機のような大掛かりな養生は必要ありません。

スチームクリーナーは家庭用にも製造されており、費用も比較的リーズナブルなので、エアコンクリーニング費用の節約にもなります。

詳しくはこちらエアコンの故障原因についても見る

エアコンのスチーム洗浄のポイント

その一帯時間をかけてゆっくりと

スチーム洗浄はスチームによりじわじわと汚れを落としていくことになります。高圧洗浄機のように一気に汚れを吹き飛ばすイメージだと、なかなか綺麗には落ちません。それでいて長時間当て過ぎてもいけませんので、1~2分吹きかけたら、数分部品を冷却して、また1~2分というように時間をかけてゆっくりおこなうのがコツ。

その二帯タオルとピンセット等を有効活用して徹底的に

スチーム洗浄はエアコン内部のパーツによって、いろいろな器具を併用するとより効果大。熱交換器はアルミフィンが倒れてしまうので吹きかけた後はピンセット等で元の状態に戻します。こうすることにより乾燥できます。またカバーの部分などはさっと吹きかけた後にタオルで拭き取るといいでしょう。

その三帯念の為の養生を

スチーム洗浄のメリットは大掛かりな養生は不要な点です。ただそれでもスチームとはいえ水ですから簡単にでも養生すべき。特に電装部品は水をかけてはいけませんので万が一のことがないようにしっかり養生するといいでしょう。

スチーム洗浄の注意点

  • プラスチック部位には要注意(40℃以上の高温だと変形の恐れあり)
  • 汚れが流しきれない場合もある
  • あくまで自己責任で(メーカーではスチーム洗浄は禁止されています)

詳しくはこちらその他の清掃方法についても見てみる



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">

まとめ

油汚れも綺麗に落とせる上に、殺菌作用もあるスチーム洗浄。高圧洗浄機のような大掛かりな養生も必要ありません。室内掃除用にスチーム洗浄機を購入している方は、それを使ってできるので、余分なコストもかからないでしょう。

使用時は部品の変形に注意ただ、気がかりなのがスチーム洗浄はメーカー、日本冷凍空調工業会でもスチームクリーナーの使用は禁止している点。その理由はエアコンのプラスチック部位を変形させてしまう恐れがあるためです。万が一、スチームクリーナーを使用してエアコンの故障を招いたとしても、保証の対象にならないかもしれないのです。修理もできないかもしれません。そのためエアコン清掃業者でもほとんどスチーム洗浄はおこなっていないのです。あくまでスチーム洗浄を行う場合は壊れても自分の責任、買い換えするつもりでいなければいけません。ただ業務用エアコンは修理、買い換えのリスクは大きいので要注意です。

もし徹底的にエアコンを洗浄したいというのなら、そういったリスクを負わず業者に依頼したほうがいいかもしれません。どうしてもスチーム洗浄したいという場合は、プラスチック部位と電装部品には十分に注意しておこないましょう。あまりにも汚れがヒドイ場合はエアコンの買い替えも検討するのも良いかもしれませんね。