買い換えではなくエアコン修理でコスト削減

業務用エアコンは家庭用のように簡単に買い換えできるものではありません。そのためまずは修理を依頼してみましょう。ここではエアコンの修理に関してのポイントを紹介しています。

エアコンを修理して節電対策を

エアコンを修理した場合の節電効果業務用エアコンを長期間使用していると、冷えなくなった、異音がする、水漏れがするなど、異常が出てくることもあります。家庭用エアコンであれば、使用年数によっては新しいエアコンに買い替えるという人も少なくないでしょう。ですが業務用エアコンは価格が高いため、家庭用エアコンのように簡単に買い換えるわけにもいきません。そんな時には修理してもらうという選択肢もあります。

エアコン修理をすれば、その問題点も解決出来ますし、性能が回復すれば消費電力も抑えられ電気代も安くなるでしょう。修理費用はかかるものの、新品の業務用エアコンを購入することに比べればはるかに安くなるケースがほとんどです。ただ、業務用エアコンの修理にもメリット、デメリットがありますので、よく把握しておきましょう。

エアコン修理のメリット

その一帯買い換えるよりもコストがかからない

業務量エアコンはピンからキリまでありますが、高いものでは100万円以上するものも多いです。故障したからといって買い換えをしていたらかなりのコストになります。エアコン修理をすれば、買い換えよりもコストは抑えられます。

その二帯電気代の節約、性能のアップ

エアコンに不具合があれば、なかなか冷えず電気代ばかりがかかってしまいます。エアコン修理をして正常に作動するようになれば、当然消費電力も少なくて済みますし、電気代も節約になります。もちろん修理代はかかるものの、性能がアップししっかり冷えるようになれば稼働させる時間も短縮できますので、元はすぐにとれるでしょう。

エアコン修理のデメリット

その一帯コストがかかる上、古いエアコンだと部品がない場合も

新品を購入するよりもコストがかからないから、という理由でエアコン修理を依頼するのでしょうが、それでも状態によってはかなりの修理費用がかかってしまいます。たいていは部品交換となるため、その工賃+部品代がかかり、コンプレッサーの交換となると10万円以上にも。トータルで1台あたり20~30万円かかることもザラです。また古いエアコンだとすでに部品すらなくなっている場合もあります。

その二帯修理中は業務に支障をきたすことも

業務用エアコンの修理は、どうしても点検・修理中は業務に支障をきたしてしまいます。会社によっては、仕事にならない場合も出てきてしまいます。しかも数台修理するとなれば、1日では済みません。

エアコン修理のポイントは

電気代&消費電力ダウン業務用エアコンは、設置する会社によって使用頻度は異なりますので、何年でガタがくるという事は一概に言えません。購入して2~3年で故障、部品交換が必要になる時もあれば、10年以上使い続けてもたいした故障がない場合もあります。また、エアコン修理といっても故障箇所によって費用は大きく差が出てきます、点検・出張料を合わせて数万円というケースもあれば、20~30万円かかってしまうこともあります。

壊れてしまったものはどうする事も出来ませんが、そうなる前にしっかりとメンテナンスをしておくことも大切です。特にコンプレッサーが故障すると効率が悪くなり消費電力もアップします。またコンプレッサーの交換となると10万円以上はかかってしまうのです。また、コンプレッサーの故障により室外機の振動が大きくなるため、他の部品の故障にもつながることがあります。

コンプレッサーの故障を防ぐ方法としては、コンプレッサー内の摩耗を修復することも一つの方法です。その方法の一つとして金属表面技術があります。それを表面の摩耗を修復するだけで故障を未然に防ぐこともできますし、消費電力も抑える事が出来ます。そういったメンテナンス方法も覚えておくといいでしょう。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">