車のエンジンの調子が良くなる金属表面技術

シリンダーやピストンリング等の摩耗により車のエンジントラブルが起こることがあります。金属表面技術はそのトラブル防止にも役立ちます。ここでは車のエンジンに活用できる金属表面技術について紹介します。

金属表面技術を車のエンジンにも活用!

エンジンに活用できる金属表面技術車の心臓部であるエンジン。エンジンがダメになれば当然車もダメになります。エンジンはエンジンオイルが汚くなったり、少なくなったりすると劣化が進んでトラブルの原因となります。そのためエンジンオイルをしっかり点検しておかなければいけません。

エンジンオイルはシリンダーやピストンリング等の金属同士の摩擦を抑える役割もあり、その役割を果たせなくなると、金属が摩耗して故障に繋がってしまうのです。金属修復技術は、その摩擦により消耗してしまった部分を修復する技術なのです。摩擦を抑えることに繋がり、故障を防ぐだけでなく燃費向上にもつながるのです。この技術は1分1秒を争うF1のメンテナンス部門や国産自動車ディーラー等にも使われていますし、エンジンオイルの中にもふくまれているものもあります。

使用した方の口コミ

口コミ情報燃費が良くなったと喜ばれた。(整備工場長:52歳)
エンジンに話題の金属修復技術を用いた薬剤を入れることで、エンジンの状態も格段にアップします。最初は自分の車だけに使用していたのですが、お得意さんに「今はこういった技術もあるんです」というのを説明したら、「是非やってくれ」とのこと。そんなに違いが分かるものではない、と付け加えておいたのですが、先日「燃費も良くなった」との喜びの声をいただきました。
口コミ情報エンジン音が静かになった。(会社員男性:33歳)
行きつけのディーラーで金属表面改良技術とやらの薬剤(?)を使ってもらいました。いろいろ説明を受けたのですが、結局エンジンの調子が良くなるというもののようです。やってもらった結果、激しかったエンジン音が静かになりましたね。エンジンオイルを交換した時とはちょっと違う感じ。あと、最近気が付いたのですが燃費も良くなった気がします。
口コミ情報金属表面技術で顧客確保にも繋がった。(某ディーラー社員:47歳)
今注目されている金属表面技術を用いた方法をウチでも取り入れることに。こんなものと思っていましたが、実際自分の車のエンジンに使用してみると違いは一目瞭然。自分でも実感したのでお客様にも勧めやすいですね。また、お客さんによってはこの技術について知っている人もいました。若干ではありますが、コレのおかげで顧客が増えてきています。

車のエンジンに活用することでのポイント

その一帯エンジンの消耗・劣化を防ぐ

エンジン内のシリンダーやピストンリングは、いくらエンジンオイルを点検・交換・補充していても少しずつ摩耗してしまいます。エンジンオイルに金属表面技術の薬剤を入れることで、摩耗した部分を修復してくれるので、エンジンの消耗や劣化を防げます。

その二帯振動や異音を抑える

車のエンジン音がうるさくなってしまうのは、金属同士の摩擦、衝撃によるものです。摩耗しているとますます音がうるさくなります。金属表面技術を用いることで、振動や異音を抑えることもできます。

その三帯燃費の向上

金属同士の摩擦が多くなってしまうと、それだけエンジンを稼働させるのにエネルギーが必要になってきます。ということは当然ガソリンも多く消耗することになります。逆に、摩擦を少なくすることで燃費も向上し、ガソリン代の節約にもなります。

車のエンジンに活用すれば付加価値をつけよう!

金属表面を磨ける薬剤F1のメンテナンス部門でも使われている金属表面技術。それだけでも車のエンジンに対する効果は立証されているようなものです。車のエンジンに活用することでエンジンの劣化を防ぎ、車の寿命も引き延ばすこともできるでしょう。エンジンの異音の解消にもつながりますので、自分で乗るのはもちろんのこと、中古車として売る場合にも査定額アップに繋がるかもしれません。

また、こういった最新技術を整備工場やディーラーなどで活用して付加価値をつければ、整備工場が乱立している昨今、他店との差別化も計れるかもしれません。もちろん、修理してナンボと思っているオーナーの方にとっては、エンジンの故障が少なくなる事はマイナスなのかもしれませんが、顧客確保のためにはそういった他店にはないサービスも必要でしょう。

車のエンジンにも最適な技術「エネデュース」をチェック!