運動習慣をうまく取り入れた節電でお得な毎日を

運動習慣をうまく取り入れた節電でお得な毎日を

■節電しながら運動習慣を身につけるコツ

運動習慣をつけることがなぜ節電に繋がるのか?と疑問を持たれる方もいるかもしれません。一見関係のなさそうな二つのキーワードですが、人間らしい理由と忘れていた当たり前なことを思い出させてくれます。

この方法に難しい知識も手順も必要ありません。普段行っていたことを運動習慣に結びつけ、なおかつ節電になる一石二鳥の方法です。節電と運動習慣、二つを結びつけたごく当たり前ですが忘れていたコツを、読み終えたあと思い出せるはずです。このコツの特徴は、そんなところにあるのかもしれません。昔は誰もが行っていたことなのです。

まず一つ目は外出時です。意外と近場でも車に乗っていませんか?ウォーキングをしましょう。通勤を思い切って自転車にしてしまうのもありです。

それが運動習慣となります。どこが節電?と思うかもしれませんが、当然歩いたり自転車は時間がかかります。家を出るのが早くなれば、テレビ代や照明代がその分かからなくなりますよ。

二つ目ですが、リモコンをやめましょう。いつでも手元に置いてあり、すぐに点けたり消したりできる便利なものですが、逆に点けっぱなしになってませんか?帰ってきて癖のようにテレビをつけたり、エアコンをつけたり、なんとなく日課として使っているかもしれません。

そばに歩いていき、電源を入れるという少しの動作かもしれませんが、その動くということが日々の運動習慣に繋がり、安易につけることがなくなり節電となります。

三つ目ですが、現代社会に多いと思いますが、お弁当を買って電子レンジを使用することをやめましょう。調理台に立ち料理をすることで節電になります。料理の合間に踵を上げ下げしたり、料理中の往復だけでも運動習慣に繋がります。注意することは、それが当たり前となるまで続けることです。

>>自助努力をしても節電に繋がらないとお悩みの方

業務用エアコンのメンテナンス節電対策を検討中の方は

大切なのは節電対策やメンテナンス業務用エアコンの購入、修理、どの方法を用いるにしても、大切なのは節電対策やメンテナンスです。どの方法でも不具合があるエアコンを稼働させているよりは消費電力は抑えられますので、電気代も安くなります。ただ、だからといって節電対策が不要というわけではありません。せっかく性能が良くなっても、それをうまく活用しなければ結局電気代の節約にはならず、コストばかりがかかってしまうことになります。

また、メンテナンス次第では業務用エアコンの寿命や性能を長引かせることも可能です。自分でもできるフィルターの掃除はもちろんのこと、定期的にエアコンクリーニングをすることで、トラブルを回避できます。

>>コンプレッサー内部の金属板の摩耗やキズを補修しエアコンの性能を回復できるエネデュース公式HPを見る