小さな工夫をするだけで節電の効果を得ましょう

小さな工夫をするだけで節電の効果を得ましょう

■ひと工夫で効果大のラクラク節電テクニック

毎月の電気代は積み重ねると大きな金額になります。その電気代を少しでも安くすることで毎月の家計のやり繰りを少しでも楽にできる方法を紹介します。

まず冷蔵庫ですが夏場は電気代が冬場に比べて掛かります。少しでも節電するためには扉を開ける頻度を減らすことです。冷蔵庫が家にあると小腹が空いたときについつい扉を開けてしまいます。その時に外の暖かい空気が冷蔵庫の中に入ってくると電気代が掛かるのです。

また、夏場にお茶を沸かして冷やす際は直接、冷蔵庫に入れず、一旦水で冷やしてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。直接、熱いまま入れると余計にモーターが回り電気代が掛かります。同じ作業をするにも工夫して作業すると電気代は下がります。

外出する際は家中の家電製品のコンセントは抜くことが大切です。コンセントを抜くことで雷が落ちた場合、電化製品を守ることができます。アースなどが付いていない電化製品は雷が落ちることでダメになります。電化製品の買い直しはコストが掛かります。一手間加えることで無駄を省きましょう。

また、家電製品のコンセントを抜くことで待機電力をカットできるため節電になります。さらに照明を今流行りのLEDに交換することで節電ができます。

また駅前などで商業施設がたくさんある利便性の高い立地に住んでいる人は調理するものだけ毎日買い物するとスーパーなどの買い物施設が冷蔵庫代わりになり冷蔵庫が無くても生活できます。

毎日、食べきれるだけの食品しか買わないため無駄な材料がいりません。そうすることで冷蔵庫が不要となり、その分電気代が安くなり効果大です。少しの工夫でより効果大の節電を実施し毎月の家計を助けましょう。普段、常識と感じていることを疑って見ることで節電が簡単にできます。

業務用エアコンのメンテナンス節電対策を検討中の方は

大切なのは節電対策やメンテナンス業務用エアコンの購入、修理、どの方法を用いるにしても、大切なのは節電対策やメンテナンスです。どの方法でも不具合があるエアコンを稼働させているよりは消費電力は抑えられますので、電気代も安くなります。ただ、だからといって節電対策が不要というわけではありません。せっかく性能が良くなっても、それをうまく活用しなければ結局電気代の節約にはならず、コストばかりがかかってしまうことになります。

また、メンテナンス次第では業務用エアコンの寿命や性能を長引かせることも可能です。自分でもできるフィルターの掃除はもちろんのこと、定期的にエアコンクリーニングをすることで、トラブルを回避できます。

>>コンプレッサー内部の金属板の摩耗やキズを補修しエアコンの性能を回復できるエネデュース公式HPを見る