こんなにあるエアコントラブル

異音、水漏れ、冷えないなどエアコントラブルは様々。寿命と思いがちですがメンテナンス次第では回避することも可能です。ここではエアコントラブルについてまとめてみました。

エアコントラブルの例と解消法

エアコンのトラブルエアコンは長年使用しているとどこか異常をきたしてくることもあります。そんな時はそれを放置していると、症状はますます悪化し取り返しのつかない事になりかねません。

またエアコンのトラブルは消費電力や冷房能力にも関わってきますので、経営、家計のためにも早めに対策を講じることが大切です。症状によっては自分で解消できるものもありますので、そのトラブルの状態と基本的な解消法をしっかり覚えておくといいでしょう。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">

主なエアコントラブルと解消法

①寿命
家庭用エアコンは10年、業務用エアコンは15年程度と言われています。ただし、使用頻度やメンテナンス次第では短くも長くもなります。フィルター掃除やエアコンクリーニング等を定期的おこなうといいでしょう。

>>エアコンの寿命に関して気になる人はコチラをどうぞ

②ガス抜け
基本的に通常運転させていれば自然にガス抜けになることはありません。ただ取付の不備などがあるとありえます。また、コンプレッサーの金属板の摩耗でも起こりえます。信頼できる取付業者に依頼すること、エネデュースなどで摩耗を修復するのも一つの方法。

>>ガス抜けに関して気になる人はコチラをどうぞ

③オーバーヒート
主に室外機の吹き出し口が物などで塞がれていることで起こります。それを取り除くことで解消されることがほとんどですが、放置していると冷えないばかりか故障の元になります。

>>オーバーヒートに関して気になる人はコチラをどうぞ

④複数台設置
メリットが多いエアコンの複数台設置ですが、室外機のスペースがないと、それがもとでオーバーヒートを起こしたりします。設置前にスペースがあるかどうかもチェックしておくといいでしょう。

>>複数台設置に関して気になる人はコチラをどうぞ

⑤雪や寒さ
雪や気温の低い日は霜取り運転により冷たい風がでてくることもあります。それを解消するには寒冷地仕様のエアコンに換えることですが、防雪ネットや防雪フード等を取りつけるだけでもいくらか効果があります。また、積雪があった時には室外機が埋もれていないかチェックしましょう。

>>雪や寒さに関して気になる人はコチラをどうぞ

⑥設置場所
エアコンの設置場所が悪く吹き出し口に十分なスペースがないと、冷房機能が低下したりオーバーヒートの原因にもなります。また設置場所によっては吹き出し口からの熱い風や騒音などで迷惑をかけてしまう事も。迷惑のかからない位置に配置換えすること、騒音がしないような対策も必要です。

>>設置場所に関して気になる人はコチラをどうぞ

⑦ホコリ
エアコンからの風がホコリ臭い、実際にホコリがでてくることもあります。これはフィルターの目詰まりが主な原因。こまめなフィルター掃除と、定期的なエアコンクリーニングをしましょう。

>>ホコリに関して気になる人はコチラをどうぞ

⑧電源が入らない
特に久しぶりにエアコンをつけようとした時に電源が入らないというトラブルです。こういった場合はコンセントが抜けたまま、ブレーカーが下がっている、リモコンの電池切れなどです。その他には掃除の際に基盤にまで薬品が付いてしまう事でも起こります。分解洗浄はできるだけ業者に任せた方がいいでしょう。

>>電源に関して気になる人はコチラをどうぞ

⑨カビ
古いエアコンによくあるのがエアコン内部のカビ。冷房や除湿を使うとエアコン内部の結露によりカビの温床となります。それを解消するには、使用後は送風などの機能を使い、エアコン内部を乾燥させることです。すでにカビ臭くなった場合にはエアコンクリーニングを依頼するのがベストでしょう。

>>カビに関して気になる人はコチラをどうぞ

⑩水漏れ
エアコンからぽたぽたと落ちてくる水漏れ。急激に冷房を使用することでも一時的に起こりますが、いつも水漏れするという場合には、空調機器のドレンパンやドレンホースに異常がある事も。まずはドレンホースに異物が詰まっていないか確認しましょう。また取付の際に傾いたりドレンホースが曲がっていたりしても起こりえますので取付は専門業者に依頼しましょう。

>>水漏れに関して気になる人はコチラをどうぞ

⑪異音
エアコンは古くなってくると室内機、室外機いろいろなところから異音が出てくることがあります。フィルター掃除等で解消することもありますが、室外機などはコンプレッサーの摩耗によるケースも多いです。コンプレッサー内の異音ならエネデュースで解消することもありますが、その他の部位は修理が必要になる事もあります。

>>異音に関して気になる人はコチラをどうぞ



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">

エアコントラブルを出来るだけ避けるには?

エアコントラブルを完全に0にするのは難しいです。使用頻度、使い方も違いますし設置場所も異なるので、どこがトラブルになりやすいか判断出来ません。ただ出来るだけ軽減する方法はあります。

エアコンの取り付けは専門業者に

実はエアコントラブルの中で最も多いのが取付時です。傾いて取り付けたり、接続が悪かったりすると、ガス抜けや水漏れ引き起こすことも。取り付ける位置も専門業者なら、いろいろなトラブルを見てきているので、ベストな位置を提案してくれるでしょう。

定期的なフィルター掃除とエアコンクリーニング

トラブル回避にはやはりメンテナンスは欠かせません。ただ、自分で分解洗浄するとそれもトラブルの原因となりやすいので、フィルター掃除程度にしておき、年に1度でも専門業者にエアコンクリーニングを依頼するといいでしょう。