雪はエアコンの暖房機能を低下させる

外気温が低かったり、大雪が降った時には霜取り機能や吹き出し口が雪で埋もれるなどにより室内が冷えないというトラブルが多々あります。エアコンと雪の関連性ついて考察します。

雪が積もるとエアコンが効かなくなる?

雪はエアコンの暖房機能を低下させる冷暖房機能の付いたエアコンをお持ちの方は冬には暖房を使用する方もいるでしょう。特に小さな子供がいる家庭では安全性を考えたら床に置くファンヒーターや反射式ストーブ等よりもエアコンの方がおすすめです。

ただ、エアコンのトラブルには雪が降った時にエアコンが止まってしまう、もしくは温かい風が出てこない、というケースが多々あるのです。

雪によるエアコントラブルの原因

①霜取り運転により暖房ストップ
雪が降ったり気温が低い日などは、エアコンの室外機も凍結の恐れがあります。それを回避するため、安全装置のような機能が働き、室外機の霜取り運転をおこなうようになるのです。霜取り運転は弱い冷房運転を断続的におこなうので、暖かい風ではなく冷たい風が出てくるようになるのです。室外機が温まるとまた暖房機能が働き暖かい風が出てくるのです。雪が積もっているような時はこのような運転が繰り返されるため、なかなか室内が暖まらないのです。
②室外機の吹き出し口が雪で埋もれてしまう
大雪が降った際には室外機まで雪に埋もれてしまう事も。そうなると吹き出し口から風が出なくなったり、雪により目詰まりを起こしてしまいます。
③排水の凍結
気温が低いと排水が凍ってしまう事も。暖かい風が出てこないばかりかエアコンの故障にも繋がります。

エアコンと雪に関する口コミ

口コミ情報雪で室外機が埋もれて…。(27歳:女性)
子供がはいはいするようになり、これまでのようにファンヒーターは危険と思ったので、エアコンの暖房を稼働させています。ところが、なかなか暖まらず、しかも時々冷たい風がくることも。故障なのかな、と思い電話したところ、雪による影響では?とのことでした。たしかに、外をみると室外機に雪が積もっていたので、それを取り除いただけで解消しました。冬は要注意ですね。
口コミ情報霜取り運転でクーラー状態に(34歳:男性)
灯油価格も高くなりましたし、灯油を買ったり入れたりする手間を考え、エアコンの暖房を使用することにしました。ところが、「クーラーなんじゃないの?」と思うくらい冷たい風が出てくる時もあり故障かと。友人に相談したところ、これは霜取り運転らしいです。古いエアコンだからなおさら暖まらないとのこと。どんな理由であれ、暖まらないと困るのでこれを機会に買い換えしました。
口コミ情報新しいエアコンに換えたのに。(31歳:男性)
夏に新しいエアコンにしました。電気代もかからないということで冬の暖房もエアコンで済ますことに。ただ、ある時エアコンから暖かい風が来ない日があり、もう故障かよ、と思い修理を依頼。室外機の吹き出し口のところが吹きだまりのようになって雪がびっしり詰まっていたのが原因でした。すぐにこの雪を取り除いたら問題なく暖まったので本当に良かったですよ。
口コミ情報毎日の雪で室外機が埋もれる。(36歳:男性)
東北に引越してきて初めての冬でした。エアコンで暖房しようと思ったらなかなか暖まらず、よく見ると室外機が雪に埋もれているではありませんか。雪が多いのは知っていましたが、こんな手間もかかるんだなと実感しました。ただ毎日のように雪が降るので雪をどけてもきりがありません。近所の家をみるとカバーみたいなのをつけているようで、ネットで防雪フードを購入し取り付けしました。おかげで解消しましたが、定期的に雪かきは必要ですね。
口コミ情報排水が凍る?(33歳:男性)
気温が低い日が続いたある日、エアコンの調子が悪いことが発覚。雪で室外機が覆われているわけでもないのに。修理を依頼すると排水が凍ってしまったようです。放っておいたら故障するところだったみたいです。ただ、今後も寒い日が続けば同じようなことが起こるのでしょう。最近のエアコンは凍結防止ヒーターもついているようですね。それに買い換えてから一切トラブルはありません。雪国はいろいろ出費があるものですね。

詳しくはこちらその他のエアコンのトラブルについても見てみる

雪によるトラブル回避の方法

雪によるトラブル回避の方法雪によるエアコンのトラブルを避ける方法として、基本的なことではありますが大雪が降った時には室外機が雪で埋もれていないかをチェックしましょう。埋もれていれば雪を取り除くことです。

また降雪が多い地域の方であれば、事前に防雪ネットや防雪フードなどを取りつけたり、室外機を台の上に設置しておくなどの対策も必要でしょう。

最近では寒冷地仕様のエアコンもあり、こちらは凍結防止ヒーターを搭載していたり、外気温が低くても暖房機能が低下しないエアコンなど、さまざまな機能が備わっています。若干コストはかかってしまうかもしれませんが、室内が冷えないというトラブルや雪による故障なども最小限に防げるでしょう。

詳しくはこちら清掃方法についても見てみる